メニュー

在宅医療

 「自宅で療養生活を送りたいが、通院するのは難しい・・・」そういった問題はありませんか?高齢になっても、住み慣れたわが家で安心して医療を受けられる仕組みが「在宅医療」です。厚生労働省ではプロジェクトチームを作って在宅医療を推進しています。
当院では平成元年開業以来、一貫して在宅医療に積極的に取り組んできました。平成12年の介護保険制度開始と同時に居宅介護支援事業所ヘルパーステーションを併設し、在宅で療養をされている方を生活面からも支援することにより、より充実した在宅療養ができるように取り組んでいます。

在宅医療の対象となる方

  • 高齢に伴い通院が困難になった方
  • 癌の患者様で自宅療養をしており、通院が困難な方
  • 認知症で通院が困難な方
  • 麻痺やざまざまな理由で体の自由がきかなくなり、通院が困難な方
  • 家庭の事情やその他何らかの事情で通院が困難な方
  • その他

在宅医療でできること

  • 計画に基づいた訪問診療(基本的には月2回。軽症の場合などは月1回)ただし病状悪化などにより臨時で往診を行うこともある。
  • 訪問診療時は、診察を行い必要な場合は注射や点滴・血液検査などを行います。病状によっては在宅酸素療法・胃ろう・尿道カテーテルなどの管理を行います。
  • 病状により一時的な入院治療や病院での精密検査が必要な場合は連携病院へ速やかに紹介いたします(病診連携)
  • 癌の末期の方や超高齢者などで、住み慣れた自宅で最期まで療養を希望される方には、緩和医療などを利用して、やすらかな自宅での看取りをサポートいたします。
  • 在宅医療は医師による診療だけではなく、看護師による訪問看護、歯科医師による訪問歯科診療、薬剤師による訪問薬剤指導、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などによるリハビリテーションさらに栄養士による訪問栄養指導なども行えます。
  • その他、医療技術の進歩に伴い様々なことができるようになってきています。今後ますます在宅医療は充実していくものと思われます。

どのようにして申し込むのか

 通常は患者様ご自身またはご家族の方が、直接当院にご相談していただきます。
直接ご相談しにくい方は、「地域包括支援センター」やお世話になっているケアマネージャーやヘルパーさんを通じて当院に相談されても結構です。入院中の方で、退院後に在宅療養をされる方は、入院中の病院の医療相談員を通じて当院ご相談されることをおすすめいたします。

その他、在宅医療についてご不明なことがございましたら、お気軽に当院までご連絡ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME