メニュー

脂質異常症

 脂質異常症は高血圧症・糖尿病と並んで生活習慣病の代表的な疾患です。食生活の欧米化、運動不足などを背景にその患者数は年々増加してきており、厚生労働省によると平成26年現在で患者総数が206万2000人とされており、ますます増加傾向となっております。

脂質異常症とは

 脂質異常症とは、血液中に「悪玉」と言われるLDLコレステロール中性脂肪(トリグリセライド)が必要以上に増えるか、または「善玉」と言われるHDLコレステロールが減少してしまった状態をいいます。

脂質異常があるとなぜ悪い

 脂質異常症は、それだけでは特に症状があらわれることがありません。しかし、症状がないからといって脂質異常がある状態をそのまま長期間放置していると、気づかないうちに血管が傷つけられ、動脈硬化が進行します。さらに進行すると血管が細くなったり詰まったりして、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞といった恐ろしい疾患を引き起こし、突然死に至ることもあります。それゆえ脂質異常はサイレントキラー(静かな殺し屋)とも言われます。

 脂質管理の目標値

 脂質異常症の治療の際に目標とするLDLコレステロールの値は、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などの既往や高血圧・糖尿病などの他の危険因子の有無などにより異なります。つまり、何らかの危険因子がある人は、LDLコレステロールがそれほど高くなくても動脈硬化が進みやすく、より低いLDLコレステロール目標値が定められています。詳しくは診察室でご相談ください。

治療の基本は食事・運動療法

084360 脂質異常症の治療は通常、食事療法と運動療法から開始します。食事療法のポイントは「適切な摂取カロリー」「肉類のおかずより魚介類や大豆製品のおかずがおすすめ」「コレステロールを多く含むタマゴや肉の脂身のとりすぎに注意」「食物繊維は毎食しっかりと」といったようなことです。また運動療法としてはウオーキングや水泳のような「有酸素運動」は善玉コレステロールを増やすのに役立ちおすすめです。

薬物療法

 食事療法や運動療法を行っても脂質管理の目標値が達成できない場合、もしくは持っている危険因子が多く、動脈硬化による疾患を起こす危険性が高い場合は薬物療法を早期から開始することがあります。脂質異常症の治療薬は、優秀な薬が多く、ほとんどの場合脂質管理の目標値を達成できます。しかも副作用が少なく安心して服薬できる薬が多いのが特徴です。

あなたは『コレステロールが高いよ』と言われて、何の症状もないからといって、そのまま放置していませんか?まずは脂質異常症のことをよく知って、できるだけ早めに脂質管理をすることをお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME